2016年10月16日

貝のお寿司定番「アオヤギ」って「バカガイ」が本名なんだ!食べ所満載バカガイのお話

aoyaginigiri.jpg
出典:http://gyoten.net/photo/nigiri.html

バカガイって貝、知ってます?
アオヤギという貝なら、お寿司屋さんのネタでよく見かける美味しい貝なのでご存知かと思いますが、タイトルにあるようにバカガイとアオヤギは同じ貝なのです。

実はバカガイの方が正式な名称で、バカガイ科バカガイ属バカガイという純粋な名前なんです。
あんまりバカバカ言うと可哀想ですが、なぜこんな名前になってしまったのでしょうか。
今回はそんな少し可哀想ですがとっても美味しい「バカガイ」についてのお話です。

なぜバカガイという名前なの?なぜアオヤギと呼ばれるの?


バカガイ、という正式名称になってしまった理由は諸説あります。
ぎゅっとカラを閉じている他の貝と違い、いつも貝ガラの口をあけてオレンジ色の足を出している姿が、舌を出してヘラヘラしている「馬鹿」なヤツに見えることから「馬鹿貝」としたという説や、一度にバカみたいに大量に獲れることがあるからという説、「破家蛤」と書いて、その貝ガラが割れやすいハマグリに似た貝だからという説、馬鹿がハマグリと勘違いしてありがたく食べるからという説や、頻繁に場所を変える「場替え貝」から来ているとする説など色々ありますが、いずれにしても「バカ」という名前を付けられてしまったバカガイ。
bakagai.jpg
出典:http://laytrack.blog.shinobi.jp/

それではなぜアオヤギと呼ばれることが多いかと言うと、その昔江戸前のお寿司屋さんがお客様にこの貝を提供するのに「バカガイ」と呼ぶのには抵抗があったので、当時このバカガイを集めておく一大集積所が地千葉県市原市青柳町にあったことからスタイリッシュに「アオヤギ」と呼んだことが始まりでした。
ですのでバカガイのことを「アオヤギ」と呼ぶのは関東圏が多いようですね。

そうまでして寿司職人がオススメするバカガイ。ではその何が美味しいのでしょうか。

バカガイの食べ甲斐


潮干狩りでもよく獲れる貝の定番バカガイですが、美味しくいただくにはバカガイの構造や特徴を知ることが大切です。

バカガイはむき身と貝柱、足を主に美味しくいただきます。
今ではバカガイのむき身のことを「アオヤギ」と呼ぶのが定番です。
この内臓をつけたまま板に並べたむき身のことを「板付き」「タテバカ」と呼び、このままでもしばらく生きています。
tateita.jpg
出典:http://www.zukan-bouz.com/

足の部分を切り取ったもののことを「舌切り」と呼びます。
またバカガイには「小柱(こばしら)」と呼ばれる大小2つの貝柱があり「大星(おおぼし)」「小星(こぼし)」と呼びます。「小柱は」お寿司の軍艦巻きや天ぷらのかき揚げ、おつまみの珍味としてもとても美味しく有名ですね。
あまりにも有名になり、お値段も身自身より小柱のほうが高くなってしまったため「アオヤギの小柱は親勝り」と言われ重宝されるようになりました。
kobasira.jpg
出典:http://item.rakuten.co.jp/oono/10000216/

バカガイがまるまる手に入ったら、調理してみましょう。
バカガイは他の貝よりも砂をたくさんかんでいるのが多くなかなか砂が抜けないのが特徴です。貝に砂が入っていると、食べてガッカりしますよね。
ですのでバカガイは一つ一つ丁寧に砂抜きをしてから調理します。

湯通しをしてお刺身やサラダに、軽く茹でていただいたり、そのまま焼いて焼き貝で、バターソテーや佃煮にしてもとても美味しくいただけます。
もちろん小柱も親に負けない美味しさです。

まとめ



バカガイは食べ所満載で色々な味を楽しむことができます。
親勝りと言われる小柱の人気もわかりますが、逆に親といわれる身の方も大変美味しくいただけます。
それだけ実力のあるバカガイの美味しさをしれば、「馬鹿」みたいに美味しいからバカガイか?という言われの説も付け足したくなるかも?

スポンサードリンク








スポンサードリンク







【日記の最新記事】
posted by JOHN at 16:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: