2017年06月17日

アジは味がいい!庶民の大衆魚から高級魚へ、鯵のアジなお話

ajisusi.jpg
出典:r.gnavi.co.jp

庶民の魚といえばサンマやイワシ、サバにアジなどが思いつくのでは?
大漁に獲れてどれもお安いイメージがありますね。
その中でも、日本中のどこでもよく獲れて、一年中美味しくいただけるのが「アジ」。
アジにははっきりした旬の季節がありません。それはアジが日本中のあちこちに住んでいて、地域によって産卵時期もバラバラだからです。
魚の旬というのは、もちろんその魚が一番美味しく食べられる時期、つまり「うまみ」の成分が体中に一番多くなる時期をさします。基本的には産卵する前の時期が一番体内にグリコーゲンやアミノ酸、脂質などのうまみ成分をため込んでいるので美味しい旬の時期といわれています。
ですからアジはいろいろな地域でほぼ一年中産卵しているので、はっきりした旬が限定できません。
アジは漢字で「鯵」と書きますが、3月(旧暦、新暦では4-5月)に旬を迎えるから魚へんに「参(さん)」と書くという説もあります。
でも、一年中旬なのでどうですかね。その地域では美味しかったのかもしれません。
それとは別に、味が良いから参った!で「味⇒アジ⇒鯵」となった説もあります。これはいいですね。
そんないつも美味しいアジの話をサラッと。

スポンサードリンク







アジとは


アジはスズキ目アジ科という生き物分類される魚です。
でも、日本で一般的に「アジ」と呼んでいるのは「マアジ」を指すことがほとんどです。
アジ科といえば100以上の種類となり、その中にはブリやカンパチなども入ってしまうからです。
ムロアジ属というアジ科の「マルアジ」もアジと呼ばれます。くさやなどによく使われる、ムロアジと呼ばれるアジです。
体の断面が平たいのが「マアジ」、丸いのが「マルアジ」で区別ができます。

■マアジ
maaji.jpg
体が平たいので「ヒラアジ」とも呼ばれます。日本でアジといえばこのマアジを指します。
出典:http://ajifun.com/

■マルアジ
maruaji.jpg
出典:https://zukan.com/
ムロアジ属のマルアジ。マアジの味が落ちる冬場に重宝されます。

■ロウニンアジ(GT)
rouninaji.jpg
出典:http://www.wildblueadventuresguam.com/
ギンガメアジ属のロウニンアジ。GT(ジーティー【Giant trevally(ジャイアント・トレヴァリー)】)と呼ばれ体長180cm、体重80kgにもなるアジ科最大の大物。メッキと呼ばれたり釣り人には大人気。



アジのいいところ


アジは味がいいのは名前からもお分かりになると思います。
なめろうなど生食や刺身、干物に塩焼き、煮物、汁物、フライなど色々なお料理に使われる万能なお魚です。
また青なので頭の働きを良くするDHA(ドコサヘキサエン酸)、血液をサラサラにするEPA(エイコサペンタエン酸)を多く含み、その他たんぱく質、カリウム、タウリン、ビタミンB1など栄養がたっぷり詰まっています。

アジは基本的には回遊魚なのですが、「瀬付き」といわれるアジがとても美味しく、ブランドアジとして重宝されています。
瀬付きとは、海岸で海底が盛り上がって浅瀬になっているところを「瀬」といいますが、ここは太陽に近いのでプランクトンなどが多く、お魚にとってはエサが豊富なとてもいい場所で、回遊せずにここに居ついてしまう魚を瀬付きアジといいます。
エサをたくさん食べる上に、回遊しないので完全に運動不足でメタボな奴が多く、これが脂がのってとても美味しいのです。
有名なブランドアジは大分県佐賀関の「関アジ」や愛媛県伊方町の「岬アジ(はなあじ)」、
長崎県三重町の「ごんあじ」などで、背中がうっすら黄色に輝く「キアジ」「キンアジ」と呼ばれる瀬付きアジです。
ちなみに回遊しているアジは「クロアジ」と呼ばれています。
キアジ
kiaji.jpg
出典:http://ajifun.com/

まとめ


実は大衆魚のアジといいましたが、マアジの漁獲量は年々減っているといわれています。
漁獲量は10年で4割減り、価格もぐんぐん上がっていて、庶民の魚とはいえない価格になってしまう勢いです。
獲れなくなった原因は良くわかりません。アジの生態もはっきりわかっていないのが現状なので、地球温暖化が原因とか、乱獲が悪いとか、漁師の人数が少ないから、なんていうさまざまな説が出ています。
またレジームシフトという、地球規模の数十年間隔での気候や風の変化の現象が、大衆魚の増減に関係しているという見方もあります。
確かに大衆魚は、腐るほど大漁に獲れたり、全く獲れなくなったりを数十年間隔で繰り返しています。
バカみたいに大漁に獲れる魚が、その時代の大衆魚として主役を張ってきました。
サンマ、イワシ、サバ、アジは確かに激安だったり高級魚になった、なんて言われたりを繰り返してますね。
いずれにしても、アジは高値になったとはいえまだ手の届く価格ですよね。今のうちにたっぷり美味しくいただきましょう。

スポンサードリンク






【日記の最新記事】
posted by JOHN at 16:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: